老舗ブランドバーバリーが人気急上昇している理由

老舗ブランドバーバリーが人気急上昇している理由
スポンサードリンク
Advertisement

 

バーバリーというブランドをご存知でしょうか。

 

聞いたことがある人は多いでしょう。バーバリーといえばチェック柄のマフラーが非常に有名ですよね。

 

そんな老舗のブランド、バーバリーが今、人気急上昇中の理由をご紹介します。

 

 

 

 

 

バーバリーとは?

 

バーバリーというブランドの始まりは、1856年にトーマス・バーバリーという方がロンドンで開業したことで始まります。

 

トーマス・バーバリーさんは「キャバジン」という胃薬みたいな名前の耐久性や防水性に優れた新素材を開発したり、王室御用達に選ばれるほどになっていったのです。

 

その後、トレンチコートが英国陸海軍に採用されたり、バーバリーチェックと言われるブランドの代名詞的なチェック柄を生み出したりします。

 

バーバリーチェックは元々はコートの裏地だったそうです。その次には傘に採用され、その後にマフラーやバッグなどのアイテムに採用されていきました。

 

 

 

創始者トーマス・バーバリーとは?

 

トーマス・バーバリーさんはどんな人だったのか、解説していきます。

 

イギリス生まれの創業者、トーマス・バーバリーさんは、元々生地屋の見習いをやっており、相当な野心家で、自分のことを「洋服の革新家」と名乗っていたようです。

 

また、機能性や着心地などを追求していくことを大事にしており、新素材の開発などに力を注いでいました。

 

そんな甲斐もあり、先ほどお話ししたように、王室御用達のブランドにもなり、英国陸海軍に着用されたりしたのです。

 

そして、バーバリーは商品生産においては「ブランド第一」というものを掲げていて、生産過程に配慮しているブランドです。品質を損なわない、ということに重きを置いている姿勢は、トーマス・バーバリーさんの精神が根付いているのかなと思います。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

バーバリーが今、人気急上昇中な理由

 

老舗ブランドのバーバリーですが、多くの方がチェックのマフラーを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

たしかにマフラーを見かけることが多いと思うのですが、最近街でバーバリーチェックの洋服を着用している方を見かける数が多くなったように感じています。

 

私と同じように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

なぜかというと、理由の一つにはチェック柄の流行があります。

 

2017年の秋冬ごろから、グレンチェックのパンツが流行しました。それに合わせるように2018年の春夏でもチェック柄が流行しています。

 

チェック柄で有名なバーバリーですのでトレンドとマッチしたというのが人気が上昇している理由の1つでもあります。

 

そしてもう1点、クリエイティブ・ディレクターにリカルド・ティッシが就任したということ。

 

リカルド・ティッシとは、2005年から2017年までジバンシィのクリエイティブ・ディレクターを務めていた方です。

 

リカルド・ティッシがクリエイティブ・ディレクターに就任したことがなぜ理由になるかというと、ジバンシィというブランドの人気を復活させるほどに魅力的なアイテムデザインしたからです。

 

マドンナやカニエ・ウエストなどの有名人がリカルド・ティッシがデザインしたジバンシィの服を着用するなどジバンシィというブランドを改めて世間に認知させていったわけです。

 

それほどに優れたデザイナーであるリカルド・ティッシがバーバリーのクリエイティブ・ディレクターに就任したということで注目を浴びているわけです。

 

 

 

2019SSのコレクション

 

2019年SSからリカルド・ティッシがデザインしたコレクションになるのですが、その一部をご紹介します。

 

 

Riccardo Tisciさん(@riccardotisci17)がシェアした投稿

 

こちらはブランドの代名詞的なバーバリーチェックが大胆にデザインされたポンチョです。

 

 

 

Riccardo Tisciさん(@riccardotisci17)がシェアした投稿

 

こちらにもバーバリー特有のチェック柄のデザインが施されていますが、リカルド・ティッシらしさも交わったデザインで魅力的ですよね。

 

この他にもバーバリーの伝統的なデザインにリカルド・ティッシのオリジナリティが反映されたアイテムが続々と出てくるでしょう。

 

個人的には今後もバーバリー熱が続いていくのではないかと思っています!