プログラミング初心者にPHPがオススメな理由【現役エンジニアが解説】

プログラミング初心者にPHPがオススメな理由【現役エンジニアが解説】
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、えーちゃん(@e_jtest)です。

 

プログラミング初心者におすすめな言語としてPHPを紹介している記事をよく見かけると思います。

 

私も以前に、Webエンジニア目指すならとりあえずPHPを学んでみよう!でPHPを学ぶことをおすすめしています。

 

RubyでもPythonでもいいなじゃない?と思うかもしれませんね。

 

それでも私はPHPをとりあえず学んでおくことをオススメしています。

 

今回は、なぜプログラミング初心者にPHPがおすすめなのかということについてお話ししていこうと思います。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

プログラミング初心者にPHPがオススメな理由

 

 

プログラミング初心者にPHPをおすすめする理由としては以下の3つです。

 

・難易度が低めなので学習コストが低い

・初心者には投資対効果の高い言語である

・需要の高い言語である

 

概要としては以上の3つです。

 

これから具体的に解説していきます。

 

難易度が低めなので学習コストが低い

 

プログラミング初心者の場合、そもそもプログラムというものがどういうものか理解できていない場合が多いです。

 

そういう段階であれば、難易度の低い言語をまず理解することで最短で成長できると思います。

 

PHPという言語は、デザイナーの方でも簡単にプログラムを書ける言語と言われていますので、他の言語に比べて習得難易度が低い言語だと言えます。

 

私自身、他の言語と比べてみて簡単だと感じています。

 

いきなり難しい言語に挑戦したいというのであれば、止めはしませんが、挫折する可能性が高まりますのでオススメしないです。

 

また、PHPは日本語のドキュメントが豊富なので、自分が学習の途中でつまづいたりしても、誰かがWebで情報を発信してくれています。

 

他の言語ですと、英語のドキュメントしかない場合などもあるので、そういう意味でも挫折しづらいかなと思います。

 

もちろん、PHPが簡単とはいえ、最初は苦労すると思うのでそれなりの努力は必要です・・・(笑)

 

 

初心者には投資対効果の高い言語である

 

初心者にとって、PHPは投資対効果の高い言語です。

 

PHPは学習コストの低い言語だというお話をしました。

 

学習コストのわりにPHPができるようになると、プログラムの理解も深まりますし、他の言語(例えばRubyやPythonなど)を習得する時間も短縮できます。

 

要するに、応用が効くようになります。

 

それらを加味すると、PHPは投資対効果の高い言語であると思います。

 

私はサーバーサイドのプログラミング言語として、最初にPHPを学びましたが、結果としてよかったと思っています。

 

Rubyを理解するのも比較的楽に習得することができましたし、最近はPythonの勉強もしていますが、コストをかけずに習得することが可能だと感じています。

 

PHPは基礎を固めるという意味で適した言語ですね。

 

逆に、プログラミング経験者の場合は、PHPを学ぶメリットはあまりないです。

 

RubyやPythonを使えるエンジニアがPHPを勉強しても、特に技術的に成長することはあまりないでしょう。

 

仕事でどうしてもPHPが必要ということでなければ新しく勉強する必要もないですね。(まあ勉強すればすぐできるようになると思いますが(笑))

 

 

需要の高い言語である

 

PHPという言語はWebにおいて使用されている割合の高い言語です。

 

最近はRubyやPythonなども人気が出てきてはいますが、PHPに比べると圧倒的に少ないという印象です。

 

企業が採用している言語は未だにPHPが多いというのが実際のところですね。

 

開発するにあたって会社はエンジニアを集めなければいけないわけですから、PHPを使えるエンジニアが多いのでPHPを選択するというのは理にかなっています。

 

企業がマイナーな言語や難易度の高い言語を選択しない理由の1つとして、そもそも使えるエンジニアを集めるのに苦労するというのが挙げられます。

 

PHPというのは知見の豊富なエンジニアを採用するのも比較的容易ですが、例えばGo言語などの新しい言語でそれなりの知見を持っている人を集めようとすると難しくなります。

 

そもそも新しい言語ですと使えるエンジニアの母数が少ないこともあるので、企業側からすると選択肢に入れづらいというのがあります。

 

プログラミング初心者が勉強して企業に就職するということを考えた場合に、PHPをおすすめしているのは以上のような理由です。

 

企業からの需要も高く、学習コストが低く、投資対効果が高いということを考えた上で、PHPを選択するというのがベターかなと思います。

 

 

まとめ

 

ということで、プログラミング初心者にPHPがおすすめ理由をお話ししてきました。

 

私自身、PHPから入ったのですが、やはり勉強しておいてよかったと感じています。

 

Rubyを学ぶときも比較的理解が容易にできたのもありますし、サーバー側の理解というのも深まりました。

 

PHPは使えるエンジニアが多いというお話をしましたが、逆にいうと、差別化のためには他の言語も使える方が良いです。

 

自分の市場価値、エンジニアとしてのスキルアップを目指すのであれば、PHP以外の言語を覚える必要があります。

 

初心者のうちはPHPだけでも、伸びしろで採用してくれると思いますが、ある程度の経験者でPHPしかできませんというと、市場価値は低くなります。

 

PHPを使えるエンジニアが多いというお話をしましたが、やはり他のエンジニアと差別化ができないと自分の市場価値を上げづらいです。

 

まとめると、初心者はとりあえずPHPから学習するのがおすすめです!

 

そして、PHPを習得したらRubyやPythonなど他の言語に手を伸ばしていくというのがおすすめのステップアップ方法かなと思います。

 

PHPのおすすめ参考書:PHP初心者におすすめの参考書を3つご紹介します!

 

 

以上、プログラミング初心者にPHPがオススメな理由【現役エンジニアが解説】でした。