Webエンジニアに必要な知識とは?【現役エンジニアが解説】

Webエンジニアに必要な知識とは?【現役エンジニアが解説】
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、現役エンジニアのえーちゃん(@e_jtest)です。

 

この記事は、Webエンジニアに必要な知識ってどんなものがあるの?という悩みを抱えている方に向けて書いています。

 

私はWebエンジニアとして仕事をしていますので、どういうことを勉強すれば良いのか?どうすれば就職・転職できるのかということをお話ししていこうと思います。

 

最初に言っておくと、エンジニアが覚えなければいけない知識というのは幅広いです。

 

なので、必要なところを必要なぶんだけ学ぶというやり方が良いでしょう。

 

この記事では「こういうことを勉強しておけば就職・転職しやすいですよ」というものをご紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

Webエンジニアに必要な知識とは?

 

Web系のエンジニアは大きくいうと以下の2パターンに分類されます。

 

①:フロントエンドエンジニア → Webサイトの見た目を作る

②:バックエンドエンジニア → Webサイトの裏側の処理を作る

 

それぞれ役割が異なっており、覚える知識も変わってきます。

 

なのでそれぞれ必要な知識を解説していきます。

 

フロントエンドエンジニアに必要な知識とは?

 

フロントエンドエンジニアはWebサイトの見た目を作るのが仕事です。

 

必要な知識としては以下のようなものがあります。

 

・HTML

・CSS

・JavaScript(jQuery)

・Bootstrap

 

このような感じです。

 

バックエンドエンジニアと比べると習得難易度は低めです。

 

なので、企業に就職すると給料が安めに設定されていることが多いですね。

 

見た目を作るのが仕事なのでどちらかというとデザイナーよりの仕事というイメージですね。

 

フロントエンドエンジニアの良い点は習得難易度が低いことと、フリーランスを目指す方は案件の獲得が早期にできます。

 

上にあげた知識を学んでポートフォリオを作れば案件の獲得はできるかなと思います。

 

 

バックエンドエンジニアに必要な知識とは?

 

バックエンドエンジニアに必要な知識は以下のようになっています。

 

・HTML/CSS

・PHP/Ruby/Pythonなど(サーバーサイドのプログラミング言語)

・データベース

・サーバー

 

このような感じですね。

 

まず、HTML/CSSの知識はバックエンドエンジニアでも必須になってきます。

 

WebアプリケーションというのはHTMLにプログラムを組み込むことが多いので、理解していないと作れないです。

 

プログラミング言語は好きなものを学べば良いですが、サーバーサイドで動作するプログラミング言語を学びましょう。

 

個人的にオススメはPHPですね。

 

PHPは未だに多くのアプリケーションで使われることが多い言語であることと、フリーランスを目指す方でも案件が豊富にあるので使い勝手に優れるかなと思います。

 

バックエンドエンジニアはプログラミングすれば良いと思われがちですが、データベースとサーバーの知識も必要です。

 

企業で就職するのであれば尚更です。

 

フリーランスであれば、こういうシステムを作って欲しいと言われたものを作って納品すれば終わりですが、企業でエンジニアをやる場合はサーバー構築から行う場合も多いです。

 

フリーランスの場合は自分で簡単に環境を作れると思いますが、企業の場合は専用サーバーで1からモジュールをインストールして準備が必要だったりします。

 

また、アプリケーションで使用するデータベースも何を使うか選定できる程度の知識は求められます。

 

ここまで話すとめちゃくちゃ大変と思うかもしれないですが、いきなり全部覚えようとしても無理なので、始めは基礎的な知識だけを覚えて働きながら覚えて行くのが良いでしょう。

 

私も最初はチンプンカンプンでしたが働きながら覚えました(笑)

 

バックエンドエンジニアを目指す方は、自分のローカルで環境を構築して簡単なアプリケーション(お問い合わせフォームなど)を作れるくらいになっていると就職しやすいかなと思います。

 

それくらいのものが作れると基本的なことはわかると認識してもらえるでしょう。

 

スポンサードリンク
Advertisement

Webエンジニアに転職する方法

 

Webエンジニアになりたい!と決意が固まっている方は、知識がなくてもとりあえずスクールに通っちゃうというのが手っ取り早いと思います。

 

というのも、わからないことは教えてもらった方が良いからです。

 

もちろん独学することも可能ですし、ググれば回答は出てくるのですが、それがベストな回答かは自分で判断することになります。

 

また、つまずいてもすぐに解決できれば良いのですが、独学すると些細なことに3時間とか悩んだりします。

 

自分で調べる力も必要なのですが、最初に3時間も調べることに使ってしまうと時間だけかかってしまって成長スピードが遅くなってしまいます。

 

また、いつでも質問できる人が付いてくれるというのは心強いと思いますし、独学してわからないことは聞いて解決しましょう!

 

なので、お金に余裕のある方はプログラミングスクールに通うことをオススメします。

 

私がオススメするプログラミングスクールを以下に載せておきます。

 

GEEK JOB

 

 

GEEK JOBは無料なのが良いところですね。

 

無料で講座を受講できて転職のサポートまでしてくれるという制度を取っているプログラミングスクールです。

 

転職実績も95.1%ということで、多くの方が転職に成功しています。

 

無料で教えてくれるなんて裏があるんじゃないのか?と思うかもしれないですが、あなたが転職する企業から報酬が支払われるので受講生は無料という仕組みになっています。

 

なので、お金のない就活生や、第二新卒の方、20代で転職活動しようと思っている方はオススメですね。

 

スクール側もあなたが転職してくれないとお金にならないわけですから、しっかりとサポートしてくれるでしょう。

 

(無料のプログラミングスクール:社会人転職コース(プログラマー)) 

 

 

TECH::EXPERT

 

 

TECH::EXPERTは「転職コース」、「フリーランスコース」、「オリジナルサービス開発コース」の3種類が良いされており、目的に合わせた学習が可能です。

 

受講料はかかってしまいますが、「転職できなければ全額返金」という転職保証が付いているので安心して受講できると思います。

 

転職成功率も98%と高く、受講料も24000円〜受講可能なので検討してみると良いと思います。

 

カウンセリングは無料なので、不安なことは聞いてみるのがオススメです!

 

TECH::EXPERT公式サイト

 

 

DMM WEB CAMP

 

 

DMM WEB CAMPも転職保証の付いたプログラミングスクールとなっています。

 

TECH::EXPERTと同様に受講料はかかってしまいますが、転職できなければ全額返金されるというのは安心できるポイントかなと思います。

 

また、DMMという有名なIT企業が運営しているというのも安心できるポイントですかね。

 

不安なことは無料のカウンセリングで解消してしまうのが1番です!

 

自分で納得した上で受講して、転職に向けてしっかり学習しましょう!

 

DMM WEB CAMP公式サイト

 

スポンサードリンク
Advertisement

まとめ

 

今回は、Webエンジニアに必要な知識をご紹介しました。

 

エンジニアというのは意外と覚えることが多いんですよね。

 

バックエンドエンジニアになると、フロントエンドの知識も必要なので覚えることは増えます。

 

個人的に独学はオススメしないので、未経験でもエンジニアになりたいという方はスクールに通うことをオススメします。

 

無料のプログラミングスクールもご紹介しましたので参考にしてみてください。

 

 

以上、Webエンジニアに必要な知識とは?【現役エンジニアが解説】でした。