Webエンジニアで独立する人が多い理由とは?【独立する方法とは】

Webエンジニアで独立する人が多い理由とは?【独立する方法とは】
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、えーちゃん(@e_jtest)です。

 

Webエンジニアって独立する人が多いんですよね。

 

というのも現代では独立しやすい環境が整っているというのがあります。

 

働き方の自由度が高くなっている時代です。

 

なんで独立するんでしょうか。今回はその理由について考察してみました。

 

また、独立する方法についてもご紹介しています。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

 

Webエンジニアで独立する人が多い理由とは?

 

 

さっそくですが、Webエンジニアで独立する人が多い理由を書いていきます。

 

冒頭でも述べましたが独立しやすい環境というのが整っているというのも一つの理由です。

 

1番大きい理由としては裁量が持てるということでしょう。

 

具体的にお話をしていきます。

 

独立しやすい環境度整っている

 

今はフリーランスのエンジニアというのが増えています。

 

なぜかというとクラウドソーシングやSNSの発展というのが大きい理由だと思います。

 

個人でも案件を受注してお金を稼ぐというのがしやすい時代です。

 

また、Web制作会社に外注登録すれば、定期的に案件をもらうことができます。

 

クラウドソーシングは結構知っている方も多いと思いますが、案件を受注する方法としてはWeb制作会社に外注登録するのも良いと思います。

 

制作会社によって登録方法は異なるので調べてみてください。

 

このように、定期的な仕事の確保(案件の受注)ができてしまえば独立は容易いです。

 

会社員でエンジニアをやっていても月に20〜30万程度の定期的な収入が入ってくるわけですが、独立すれば収入の上限は自分次第です。

 

案件をこなせばこなすほど収入が増えていきます。

 

そこが会社員と大きく違う部分であり、魅力的な部分でもあります。

 

 

独立すれば裁量が持てる

 

独立する大きなメリットのもう一つが裁量が持てること。

 

会社に所属している間は個人の裁量は大きくありません。

 

言い換えれば自由じゃないということですね。

 

会社にはルールがあり、仕組み化されている業務をこなす必要があります。

 

しかし、独立すれば個人の自由です。

 

働く時間も仕事の量も自分で決めることができます。最高ですね(笑)

 

とはいえ、会社であれば営業がいて仕事を取ってきてくれるのですが、独立した場合は自分で仕事を確保しなければなりません。

 

そこが会社員と独立した人との大きな違いです。

 

スポンサードリンク
Advertisement

どうやって独立すれば良いか?

 

Webエンジニアとして独立するためには土台を作らなければいけません。

 

土台作りとは、自分の実績を作るということです。

 

会社で働いて作ったものというのは守秘義務などで公開できない場合が多いです。

 

それだといくら作っても自分の実績として公開できません。

 

なので、会社員で働きつつ実績となるもの、ポートフォリオを作りましょう。そしてそれを発信するのが良いと思います。

 

ツイッターなどのSNSやブログを書いたりして作ったものを発信すれば見てくれる人がいます。

 

そうした実績というのは独立するときに有利な材料になります。

 

上手くいけばツイッターやブログから仕事の依頼が舞い込んでくる可能性もあります。

 

実績さえ作れてしまえばある程度稼ぐことは可能です。

 

スポンサードリンク
Advertisement

まとめ

 

今回はWebエンジニアで独立する人が多い理由を書いてみました。

 

個人でも受注できる案件が結構あるのでWeb系は独立しやすいです。

 

とはいえ、そのためには土台を作ることが必要です。

 

自分の実績となるものを公開して一定の評価を得ることが大事です。

 

それが自身のブランディングに繋がっていきます。

 

自分のブランディングができていれば案件も受注できるようになるかなと思います。

 

独立する人が多いということはライバルも多いということです。

 

私の主観ですが、ブランディングが上手い人は独立して成功していると思います。

 

実力がなくてもと言っては失礼ですが、ある程度の実力があればブランディング次第で稼げるというのは事実です。

 

なので、独立を目指している方は自身のブランディングというものに着目してみるのが良いと思います。

 

 

以上、Webエンジニアで独立する人が多い理由とは?【独立する方法とは】でした。