Webデザイナーにプログラミング能力は必要?【エンジニア目線で解説】

Webデザイナーにプログラミング能力は必要?【エンジニア目線で解説】
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、現役エンジニアのえーちゃん(@e_jtest)です。

 

この記事はWebデザイナーってプログラミングができた方がいいのかな?と疑問をお持ちの方に向けて書いています。

 

デザイナーの役割としてはワイヤーフレームからPhotoshopなどを使用してデザインを作成していく作業がメインになるかと思います。

 

プログラミングというとそもそも違うものではあるのですが、Webサイトを作成していくにあたって必要かどうか気になるところかと思いますので、その辺を解説していきます。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

Webデザイナーにプログラミング能力は必要?

 

結論から言えばできた方が良いです

 

プログラミングといってもサーバー側で扱うようなPHPなどをかける必要はないです。

 

ただ、HTML、CSS、JavaScriptなどはできた方がデザインの技術が上がっていくというのは事実としてあります。

 

※この記事でプログラミングというのは、いわゆるコーディング作業(HTML, CSS, JavaScript)のことだと思ってください。

 

プログラミングができる大きなメリットとしては以下の2つです。

 

①:下流工程を意識したデザインが作れる

②:Webデザインスキルが向上する

 

具体的に解説していきます。

 

下流工程を意識したデザインが作れる

 

1つのモノ(Webサイト)を作っていく過程でデザインというのは上流工程にあたりますね。

 

サイトを作るにあたってデザインが出来上がっていないとコーディングやプログラミングという作業には移れません。

 

上流工程から下流工程に流れていく段階で不備があると戻す作業が発生してしまうというのは想像がつくと思います。

 

良いデザイナーというのは下流工程を意識してデザインを作成することができるデザイナーだと思います。

 

だれにも真似できない素晴らしいデザインを作るのが良いデザイナーではありません(笑)

 

デザインができて、いざコーディング作業に入ったら「こんなデザイン再現できないよ」なんてことになってしまうとやり直しになってしまいます・・・

 

せっかく作っても再現できないものであっては意味がないんですよ。

 

自分でPSDからコーディングする作業を経験しているデザイナーが作成したPSDファイルというのはコーディングしやすいように作られています。

 

なので、Webデザイナーとして活躍していきたい場合は、コーディングはできた方が良いと思います。

 

 

Webデザインスキルが向上する

 

2つ目はWebデザインスキルの向上です。

 

デザイナーにとって重要な要素としてWebを理解しているかということが挙げられます。

 

「デザインしか興味ありません!」という人はあんまり向いてないと思った方が良いです。

 

デザインは見た目を作るのがメインではありますが、最近のWebサイトでは動きがあるものがほとんとです。

 

どういう動きをつけるか、どのように見た目が作られているのがベストかを理解しておく必要性があります。

 

そういう意味ではコーディングスキルというのは持っておいて損のない技術だと思います。

 

スポンサードリンク
Advertisement

プログラミングは何を勉強すれば良い?

 

じゃあプログラミングを勉強すると言ってもなにを勉強すれば良いでしょうか?

 

基本的には以下の2つです。

 

①:コーディング(HTML, CSS, JavaScript)の勉強

②:PSDからWebに落とし込む勉強

 

こちらも具体的に解説していきます。

 

コーディング(HTML, CSS, JavaScript)の勉強

 

まずはコーディングを学ばなければできるようにはならないですよね。

 

その中でもHTML, CSSは必須です。

 

HTMLやCSSなんかは2週間くらいがっつり勉強すればある程度のことはできるようになります。

 

HTMLは文書構造を決めるためのタグ付けでしかありません。(インスタとかのハッシュタグみたいなもんです(笑))

 

ブラウザがアクセスしたWebページはどういう文書構造になっているかを把握するためにタグをつける作業と思えば大したことではないです。

 

CSSは見た目ですね。きれいな見た目に仕上げるためのものですが、これもそんなに難しくないです。

 

英語で書く必要はありますが、大半のことは勉強すれば頭を使わなくてもわかります(笑)(コーダーの方を見下しているわけではありません・・・)

 

問題なのはJavaScriptだと思います。HTML, CSSは勉強すればたいていの方は理解できますが、JavaScriptは完全にプログラミング領域に入ってきます。

 

多くの方が「自分にコーディングはできない・・・」と挫折するのはこのタイミングです(笑)

 

なので、最初はjQueryというJavaScriptのライブラリがありますのでそれを使って書いてみると良いと思います。

 

いきなりJavaScriptを勉強すると奥が深いので「どこまでやればいいんだ・・・」ということになりますので、jQueryでWebページでよく見る動きを実際に作って見るのが良いと思います。

 

▼HTML、CSSが学べるオススメ参考書


スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

 

▼JavaScriptも勉強したい方はこちら


これからWebをはじめる人のHTML&CSS、JavaScriptのきほんのきほん

 

PSDからWebに落とし込んでみる

 

ある程度自分でWebページが作れるようになったのであれば、自分でデザインを作ってみてPSDからWebサイトを作成してみましょう!

 

これが1番勉強になります。

 

実際に自分が作ったデザイン(PSDファイル)と同じデザインをWebで再現するのに必要な情報は全てPSDに落とせているかというのが自分で理解できます。

 

地道な作業ではありますが、これもやるしかないです。やったもん勝ちなところはあるので、辛いですが頑張りましょう!

 

PSD→コーディングという流れがスムーズにいくと下流工程を意識したデザインができていると思って良いでしょう。

 

スポンサードリンク
Advertisement

まとめ

 

ということで、Webデザイナーにプログラミング能力は必要かというお話でした。

 

正直プログラミングなんてできなくてもデザインを作ることはできます。

 

しかし、実際にコーディングを経験しているデザイナーとデザインしか作っていないデザイナーの場合、仕事をするという観点からみるとコーディング経験者の方が良いです。

 

自分でデザインからコーディングまで行ってリリースするというのであれば話は別ですが、仕事というのは1人でやるものではありません。

 

そういう意味で、下流工程を意識した仕事ができる人というのは重宝されます。

 

フリーランスでデザインの仕事を受注した場合でも同様です。

 

あなたの仕事はデザインを作成すればそれで終わりですが、お客さんからすればあなたの作ったデザインは後々Webサイトになるわけです。

 

良いデザイナーとはそういう意識をもって仕事ができる人のことだと私は思います。

 

ということで、下流工程を意識して仕事ができるようになりましょう!

 

 

以上、Webデザイナーにプログラミング能力は必要?【エンジニア目線で解説】でした。