学生がアルバイト代わりにプログラミングで稼ぐことは可能か?

学生がアルバイト代わりにプログラミングで稼ぐことは可能か?
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、えーちゃん(@e_jtest)です。

 

今回は学生がアルバイト代わりにプログラミングで稼ぐことは可能か?についてお話ししようと思います。

 

最近は学生の方でもプログラミングを学んでいるという人は多いと思います。

 

また、まだプログラミングを学んでいないけれど、将来的にプログラミングができるようになりたい!という方もいると思います。

 

ということで、今回は学生(大学生メイン)がプログラミングで稼ぐということについてお話ししようと思います。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

学生がアルバイト代わりにプログラミングで稼ぐことは可能か?

 

 

結論からいうと、可能です。

 

プログラミングは特に年齢なんて関係ないです。技術さえ身についていれば誰にでもできるので勉強を頑張れば稼ぐことは可能です。

 

学生の場合だとコーディングやプログラミングをアルバイトで募集しているところもあります。

 

もちろん、クラウドソーシングで案件を受注するのも良いでしょう。

 

どういうスタイルでやるかは自分次第ではありますが、結論としては学生でもプログラミングで稼ぐことは可能です。

 

では、どういう順序で稼いでいくのが良いかをお話ししていきましょう!

 

スポンサードリンク
Advertisement

学生がプログラミングで稼げるようになるには?

 

 

すでに技術を持っている方はいきなり案件を受注してしまうのが良いでしょう。

 

ここからは、まだプログラミングスキルを持っていないという前提でお話ししていきます。

 

プログラミングスキルが無い場合は、以下のような順序で進めて行くのがよいでしょう。

 

①:プログラミングの勉強

②:インターンやアルバイト

③:クラウドソーシングで案件を受注

 

それぞれ具体的に説明していきます。

 

 

プログラミングの勉強

 

未経験でもアルバイト可能という場合もあるのですが、少しは自分で勉強していった方がよいです。

 

基本的なことは自分で学んでおいた方が楽なのでとりあえず勉強はしましょう!

 

学ぶ内容としては以下の3種類を勉強すれば良いと思います。

 

・HTML & CSS

・JavaScript

・PHP

 

HTML & CSSはプログラミングというよりは文書構造と見た目の作り方でしかないので、独学でもあまりつまづくことはないと思います。

 

JavaScriptから本格的にプログラミングという部類に入ってきます。ここら辺からつまづく方が多いのでしっかり勉強したいところです。

 

PHPを選んだ理由としてはなんだかんだ需要があるというのと、初心者でも学びやすい言語だからです。学びやすいといっても最初は難しく感じるとは思いますが・・・(笑)

 

なので、最初は参考書を読んだり、Progateなどで勉強すれば充分だと思います。

 

実際に案件や仕事を通して学んで行くしかない部分もあるので、ある程度自分で理解できたら次のステップに進みましょう!

 

▼おすすめの参考書


スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版

 


これからWebをはじめる人のHTML&CSS、JavaScriptのきほんのきほん

 


スラスラわかるPHP

 

 

インターンやアルバイト

 

ある程度プログラミングを理解したら次のステップです!

 

インターンやアルバイトに参加しましょう!

 

これはどちらでも良いですが、お金になる方を選ぶのが良いかと思います。インターンでも給料をくれる場合もあるのでその辺りを見てみると良いと思います。

 

実際にお金をもらいながら勉強できるという環境に飛び込むことが大切です!

 

自分でやったことがお金に変わるという感覚を身につけると良いと思います。また、「実際の仕事ではどうやってプログラミングをするのか?」という部分を盗みましょう!

 

将来的にフリーランスエンジニアになりたいということであれば、このタイミングで将来的に役に立ちそうなことはしっかり身につけておくことが大切です。

 

プログラミングの技術以外にも案件の回し方やリリースの方法なども学べると良いです。

 

アルバイトやインターン期間で勉強することになるとはいえ、プログラミングの独学をサボってはいけません。

 

アルバイト、インターンをこなしながら勉強しましょう!ストイックにならないとフリーでの案件獲得はハードルが高いです。

 

しっかりスキルを身につけて次のステップに進むべきです。

 

アルバイトやインターンの期間は半年〜1年くらいが良いと思います。

 

 

▼プログラミングのアルバイトはマイナビとかでも普通にあるので探して見てください。

 

バイト探しはマイナビバイト

 

 

 

クラウドソーシングで案件を受注

 

アルバイトやインターンで経験を積んだらクラウドソーシングで案件を受注してみましょう!

 

もちろんアルバイト、インターンと並行して行うのもよいですが、クラウドソーシングは大きく違うところがあります。

 

アルバイトやインターンでは仕事は与えられたものをこなすだけですが、クラウドソーシングは自分で受注しなければいけません。

 

多くの競合となる人の中から自分で案件を取るというのは簡単なようで難しいです。

 

実績があればある程度案件を取るのも楽になりますが、この実績を作る段階で挫折する場合が多いと思います。

 

なので、最初は金額にこだわるのではなく、実績にこだわりましょう!

 

なるべくいろんな案件をこなして、お金にならなくても信用を築くという方向で進めることをオススメします。

 

実績が伴ってくると自然と稼げる金額は上がっていきます。

 

最初は思うように稼げなくて辛いですが、とりあえず安めの金額を提示して案件を受注しないと始まらないので我慢しましょう!

 

続けていけば結果は付いてくるので信用が築けるまでの辛抱です!

 

▼おすすめのクラウドソーシングサービス

【Freelance Basic by ランサーズ】

CrowdWorks(クラウドワークス)

 

スポンサードリンク
Advertisement

まとめ

 

ということで、学生がプログラミングで稼ぐというお話をしてみました。

 

プログラミングは年齢制限とか無いので技術さえあれば稼ぐことは可能です。

 

稼げるだけの技術を身につけるまでは勉強が大変ではあるのですが、手に職をつけるというのはそういうものだと思います。

 

楽して稼ごうと思ってもそんな上手くはいかないので、しっかりと投資することが必要です。

 

1年くらいは勉強漬けの日々になるかと思いますが、将来的に使える技術を身につけると考えると1年というのは短いと思います。

 

稼いでいきたい方はしっかり勉強しましょう!

 

独学に挫折しそうな方はプログラミングスクールという手段もあります。

 

おすすめのプログラミングスクール3つを比較してみた!

 

 

以上、学生がアルバイト代わりにプログラミングで稼ぐことは可能か?でした。