プログラミングの勉強で関数を覚える必要はない【現役エンジニアが解説】

プログラミングの勉強で関数を覚える必要はない【現役エンジニアが解説】
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、えーちゃん(@e_jtest)です。

 

プログラミングの勉強方法についてはたくさん書籍があったり、記事があったりしますが、結局書いてある通りにやっても実力がついている気がしない・・・なんてことがよくあります。

 

参考書通りにやっても実力がついている気がしないというのは覚えることを間違えているからです。

 

この記事では、プログラミングで学ぶのに大切なことを解説していきます。

 

これから解説することを意識することでプログラミング学習の効率を高めることができると思いますので参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

プログラミングの勉強で関数を覚える必要はない

 

 

見出しの通りですが、関数を覚えようとしても覚えられるものではないです。

 

なぜなら数が多すぎるので覚えようとしても無理です。

 

頻繁に使う関数だけ覚えておけば大丈夫です。使いたい関数がわからなければググれば出てきます。

 

プログラミングの勉強で意識すべきことは以下の3つです。

 

・関数は覚えずに必要な時にググる

・ロジックの組み立て方を学ぶ

・構文は身体で覚える

 

上記の3つを意識しながら勉強することで学ぶべきことが明白になります。

 

それぞれを具体的に解説していきます。

 

関数は覚えずに必要な時にググる

 

参考書だといろんな関数を使っていたりするので、わからない関数が出て来た時にググれば大丈夫です。

 

「あ、こういう処理なのか」とわかればいいんです。処理がわかれば関数は忘れてしまっても良いです(笑)

 

大事なことは、どういう流れでどういう処理をしているかということです。

 

これは次のお話にも続いていきますが、プログラミングでは結果を得るまでの流れを知ることが大切なんです。

 

 

ロジックの組み立て方を学ぶ

 

ロジックの組み立て方というのが重要です。

 

実際、ロジックさえ組み立てられてしまえば、言語が違っても対応できます。

 

ロジックというのは、「◯◯の結果が欲しいから、このデータに対して◯◯の処理をしてあげる」と言う部分のことですね。

 

プログラミングというのは、ロジック部分ができてしまえばあとは書くだけです。

 

そのロジックをコードに落とし込むだけなんですよ。簡単そうですね(笑)

 

つまるところ、プログラマーとはパソコンを眺めてる時間よりも考えてる時間の方が相対的に長くなるのが普通です。

 

厳密に言うと、「腕の良いプログラマーは」ですね。

 

頭で考えるより手を動かしてどうにかしようとするのではなく、一旦頭で考えてから手を動かすというのが大事です。

 

効率の良いロジックを考えて、あとは書くだけ。

 

これが理想です。私はまだまだコードを書いてみて「どうかな〜」と考えたりするので理想には程遠いですが・・・

 

 

構文は身体で覚える

 

プログラミング言語の学習において覚えておく必要があるとすれば、構文です。

 

言語によって異なる構文は覚えておかないとかけないので、基本構文くらいは覚えておきましょう。

 

あんまり使わないような構文は覚えなくてもググれば良いので流せば良いですが、基本は大事です。

 

他の人のソースコードを見ても何してるかわからないのでは話にならないので、それくらいの勉強は必要です。

 

1つの言語を覚えると他の言語でも何をやっているかくらいはわかるようになります。

 

ですが、やっぱり書かないと構文は覚えないです。

 

なので、構文に関しては書いて覚えていくのが良いと思います。

 

実際に何回も書いていけば(プログラミングをやっていれば自然と何回も書くことになりますが)勝手に身体が覚えてくれます。

 

それくらいまでいけると、ロジックの組み立て方を学べば良いだけという状態までいけますね。

 

 

ロジックはどうやって学べば良いの?

 

 

ロジックの勉強方法はとしては、他の人のソースコードを見て学ぶのが1番かなと思います。

 

いろんな人の書いたコードを見ると新しい発見があります。

 

同じ処理を作るとしても人によって書き方は変わります。

 

自分が作ろうとしてる機能というのは大抵誰かが作ったことのある機能なんですよね。

 

なので、ググれば大抵のことは出てくるのでそのコードを見て勉強するのが良いと思います。

 

初心者の方がgithubなどで公開されている玄人の方が書いたコードを見ると、絶望する可能性もあるのであまりオススメしません(笑)

 

ですが、いずれはそういうコードも目にしておくと、ロジックの組み立て方だったり変数名の付け方など参考になる部分は多いかなと思います。

 

 

まとめ

 

プログラミングを勉強している方は構文とロジックの組み方に着目して勉強するのがおすすめです。

 

関数などを覚えてもどうせ忘れていくので都度ググれば大丈夫です。(頻出の関数は勝手に覚えます)

 

プログラミングで重要なのはロジック部分なので、「考える」という時間を取りましょう。

 

考えてから書くという癖をつけると良いと思います。考えずにとにかく書きまくる的な勉強方法はオススメしません。

 

実際に書いて覚えるということは必要なんですが、なんでも良いから書くのではなく、考えたロジックをたくさん書きましょう!

 

 

以上、プログラミングの勉強で関数を覚える必要はない【現役エンジニアが解説】でした。

 

おすすめ記事:おすすめのプログラミングスクールをまとめてご紹介します!