プログラミングが楽しくないと感じる理由【作りたいものを作る】

プログラミングが楽しくないと感じる理由【作りたいものを作る】
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、現役エンジニアのえーちゃん(@e_jtest)です。

 

この記事はプログラミングの勉強を始めたけどつまらないと感じている人に向けて書いています。

 

プログラミングが楽しく感じられない原因はシンプルだと思います。

 

私もずっと楽しくプログラミングをしていたわけではなくて、「もうやめたい」と思っていた時期もありました。

 

じゃあなんで楽しく続けてこれたのか。その理由は結構シンプルだと思ったので解説していきます。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

プログラミングが楽しくないと感じる理由

 

 

プログラミングが楽しくないと思うのは、自分が作りたいと思っているものを作れない不自由さが原因だと思います。

 

個人的な主観にはなってしまいますが、会社の同期や後輩を見ていて思うのは作りたいものを作れない不自由さだと思います。

 

プログラミングが楽しめる人というのはある程度自分で想像したものを作れる人だと思います。

 

私はプログラミングを初めて3年ほど経ちますが、ようやく自分が思ってるものをカタチにできるようになってきました。

 

最近ようやく楽しさというのを感じられるようになってきました。

 

自分が作りたいものを作れない不自由さ

 

プログラミングを始めて、参考書やWebサービス、プログラミングスクールなどで勉強をして実際に作ってみるというところは多くの人が経験していく道だと思います。

 

そこには教えてくれる人やモノがあるので、言われた通り、書かれている通りにやればカタチになります。

 

そこを越えると次に直面するのが、自分で想像しているモノが作れない不自由さだと思います。

 

最初の壁という感じですかね。

 

一通り勉強しているので基礎はわかっているんですが、応用が効かないという状態がこの現象を起こしていると思います。

 

算数や数学で基礎問題は解けたけど応用問題でつまずくのと似ていますね(笑)

 

 

そんな簡単には自由にはなれない現実

 

「未経験でも大丈夫!」とか「独学でもできる!」とかはよく聞く謳い文句であり、実際にはたしかに納得できる部分もあります。

 

ただ、その道のりは平坦な道ではないということですね。

 

「エンジニアの需要が高いし手に職つけたら就職に有利かも!」という理由だと正直続けるのは難しいかなと思います。

 

特に文系で未経験の方はよく考えた方がいいです(笑)

 

そんな簡単に自分が思い描いたものを作るというのは簡単じゃないです。私もまだまだできないことの方が多いです。

 

一生懸命勉強しても、周りより努力してもすぐには結果はついてきません。

 

スポンサードリンク
Advertisement

自分の作りたいものを作れるようになるには?

 

 

ここまで暗い話ばかりしてしまいましたが、ここからはどうしたら自分の作りたいものを作れるようになるのか、ということをお話ししていこうと思います。

 

 

プログラミングで何をしたいのかを考える

 

あなたがプログラミングを勉強する目的ってなんでしょうか?

 

就職するため?

 

稼げるようになりたいから?

 

理由は様々あると思いますが、その目的がはっきりしていないと挫折すると思います。

 

プログラミングに限らず、例えば英語の勉強も同じです。

 

「喋れるようになったらいいな」みたいな気持ちで勉強していても喋れるようにはならないんですよね。

 

「絶対に英語を習得して海外赴任するんだ!」みたいな明確な目標があって、絶対にできるようになるという気概が必要です。

 

あなたのプログラミングを学ぶ目的はなんでしょうか?

 

プログラミングは手段であって目的ではないです。

明確な目的があって、それを達成するための現時点の目標がプログラミングの習得だと考えるべきです。

 

「つまらない」と感じたのならば、目的を明確にすることでモチベーションが保てるようになります。

 

 

つまらなくても続けるしかない

 

根性論的な見出しになってしまいましたが、続けるしかないです。

 

明確な目的があるのならば、続けることでしか成長できません。

 

諦めるのも1つの手段ではありますが、先ほども言ったように必要だから学んでいるというのであれば続けるべきです。

 

ここでやめると何も身に付かずに終わります(笑)

 

どんなに優れたエンジニアでも辛い時期はあるものです。

 

自分が思い通りのものを作れるくらいの技術力をつけたいのであれば努力しかないです。

 

そこにはセンスは関係なくどれだけ継続的な努力ができるかできないかしかありません。

 

やめるのであれば、「自分には向いてない」と言ってやめるのではなく、「自分には必要がない」という理由でやめるべきです。

 

私がエンジニアをやっていて感じたの継続的な努力でしか成長できないということです。

 

感覚的な言い方で申し訳ないですが、続けていると「いつのまにかできるようになった」という不思議な感覚を覚えます(笑)

 

スポンサードリンク
Advertisement

まとめ

 

今回はプログラミングがつまらないと感じている人に向けて記事を書いてみました。

 

つまらないと感じる原因は自分が作りたいものが作れない不自由さからきていると私は思います。

 

その不自由さから脱出するには継続的な努力しかありません。

 

明確な目的を持って、プログラミングで成し遂げたいことをイメージすることです。

 

一時的な努力は多くの方ができると思いますが、1年以上継続できる人は少ないです。

 

エンジニアを目指している方は常に勉強の日々が待っているので継続的に努力するスキルを身につけましょう!

 

それができれば、気づいたら1年前の自分が想像していたよりも先にいるはずです。

 

私も1年前は「自分じゃできない」、「こんなんどうやったら作れるんだ・・・」と思ったことがいつのまにかできるようになりました。

 

「つまらない」、「向いてない」と感じたら、目的を明確にして継続的な努力をしましょう!

 

 

以上、プログラミングが楽しくないと感じる理由【作りたいものを作る】でした。

 

オススメ記事:おすすめのプログラミングスクールをまとめてご紹介します!