【仕事は辛い?】仕事を趣味にするのが続けるコツ!

【仕事は辛い?】仕事を趣味にするのが続けるコツ!
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、えーちゃん(@e_jtest)です。

 

今回は、仕事を趣味にするのが続けるコツというお話です。

 

仕事って辛いですよね・・・かくいう私も仕事は正直「休みたい」と思うことがしょっちゅうなんですよ。

 

社会人ってそんなもんだと思います。「週休4日くらいほしいなあ」ってみんな思ってると思います。

 

そんな私ですが、会社に就職して仕事を続けてる理由をお話しようかなと思います。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

仕事を趣味にする

 

大前提ですが、仕事って辛いんですよ。辛いから「やりたくない」ものなんですよね。

 

働いてる人の多くは「生活するため」って理由で仕事をしていると思います。

 

今回1番言いたいことは、「生活のための仕事って幸せなの?」ってことです。

 

お金が大事!っていうのは間違っていないと思います。しかしその理由で仕事を続けるのって難しいです。

 

なぜかというと、金銭的欲求しか満たせないからです。

 

一方、自分の好きなこと、いわゆる趣味に興じている時ってどんな感じでしょうか?

 

時間が経つのも忘れて、お金や生活のことなんか考えていない状態になると思います。

 

それでいて幸福感・充実感を味わうことができると思いませんか?

 

仕事がそうなったら楽しいと思いませんか?(笑)

 

多くの社会人の方は仕事は辛いもので生活のためにやっていますが、趣味で楽しむことが仕事だったらもっとイキキ仕事ができるはずなんですよね。

 

 

仕事を楽しもう

 

だからもっと仕事を楽しもうよっていうのが私の意見です。

 

仕事って楽しくないと続かないです。「楽しい」の価値観は人それぞれなので私の「楽しい」が読んでくれているあなたの「楽しい」と同じではないと思います。

 

私にとっては「モノづくり」が楽しいんです。だからエンジニアをやっています。

 

なぜエンジニアが楽しいか。主な理由は以下の2つです。

 

①:モノづくりができる

②:新しい技術が日々出てくる

 

 

①:モノづくりができる

 

エンジニアの仕事はざっくり言うと、「モノづくり」です。

 

お客さんが求めているシステムを自分で作って納品するというのが仕事になっているわけです。

 

0から作る場合もあれば、既存のものを修正するという仕事もあります。

 

プログラミングというのはあくまでモノづくりの「手段」でしかないんですよ。コードももちろん大事ですが、1番大事になのは成果物(モノ)です。

 

モノづくりをして誰かから褒められたら嬉しくないですか?それがもし世の中的に評価されるものであればなおさら楽しいと思います。

 

最近流行りの「インスタグラム」や「メルカリ」などもサービス・モノを作ってるわけです。利用している人数は莫大で、自分が作っていたらと思うとワクワクしませんか?

 

そういうことができる職業がエンジニアという職業だと私は思っています。

 

 

②:新しい技術が日々出てくる

 

突然ですが、私はミーハーなんですよ(笑)

 

ミーハーってすごいネガティブなイメージを持つ言葉だと思いますが、IT業界においてミーハーってすごい大事だと思っています。

 

IT業界というのは変化が早く、新しい技術というのが毎日のように出てきます。

 

日々いろんな情報をキャッチして、流行りってどうなってるのかな?とか調べたり、実際に使ってみたりして知見を高める必要があるんですよね。

 

そういうのってミーハー魂がうずくんですよね(笑)

 

「なにこれ!おもしそう!やってみよ!」みたいな好奇心がある人はエンジニアにとって大事な素質なんだと思っています。

 

そういうのを楽しめるタイプなので私はエンジニアという仕事が楽しいと思っています。

 

スポンサードリンク
Advertisement

楽しいを仕事にすると趣味になる

 

自分がやっていて楽しいことを仕事にするとそれが「趣味」に変わっていきます!

 

仕事が趣味になると良いことが2つあります。

 

①:自然と調べるようになる

②:高みを目指そうとする

 

①:自然と調べるようになる

 

その仕事のことを自然と調べるようになります!

 

趣味のことって自然と調べますよね?「どうやったら上手くなれるんだろう?」「これってどうやったらいいんだろう?」とか。

 

そんな感じで自然と知識というのが深まっていきます。

 

これが好きなことや趣味じゃなかった場合は、仕事のことを調べるなんて苦痛でしかなくなります。

 

趣味であれば自分が好きなことなので自然と知識を深めれるというのが良いポイントですね!

 

 

②:高みを目指そうとする

 

自分が好きなことであれば、「もっと上手になりたい!」「もっとできるようになりたい!」って欲求が生まれて来ると思います。

 

こういう状態になっているとレベルアップが早く、ひいては仕事ができるようになっていきます。

 

無双状態ですね(笑)

 

給料で仕事を選ぶ価値観は否定しませんが、レベルアップしなければ給料も上がりません。

 

そういう意味で仕事を趣味にすると、自分のスキルアップと給料というのが比例していく状態を作ることができます。

 

 

エンジニアは趣味になる

 

エンジニアという職業は、趣味を仕事にすることもできますし、仕事を趣味にすることもできます。

 

エンジニアは勉強が必要だと再三このブログで発信しているわけですが、あんまり苦痛じゃないんですよ。

 

だって好きだから(笑)

 

エンジニアは楽しいですよ。技術は奥が深いですし、一朝一夕で身につくものではありません。

 

ですが、身につけた技術というのは自分の資産になります。

 

AIが発達すればプログラミングは不要になるというのも巷で言われていますが、自分で勉強して積み上げた資産というのはそう簡単に失われるものではありません。

 

努力したことがそのまま自分の実力として身につく職業なのでエンジニアはオススメですよ!

 

趣味がないという方はエンジニアをやってたらハマるかもしれません(笑)

 

 

▼おすすめ

とりあえずプログラムを書いて見たい方:Progate

本気でエンジニアになりたい方:受講者満足度も90%以上のプログラミングスクール【WebCampPRO】

 

スポンサードリンク
Advertisement

まとめ

 

今回は、仕事を趣味にするといいよ!というお話をしてきました。

 

私はエンジニアなのでエンジニア目線でのお話になってしまいますが、「仕事は辛いもの」という価値観から脱したい方はこういう考え方を持つと良いと思います。

 

どうしても給料に目が奪われがちですが、大事なのは幸福感だと思います。

 

仕事も私生活も楽しいのが1番ですよね!

 

エンジニアは辛いことももちろんありますが、仕事も私生活も充実させてくれる職業だと私は思います。

 

興味がある方はエンジニアという職業を考えてみてはいかがでしょうか?

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

以上、【仕事は辛い?】仕事を趣味にするのが続けるコツ!でした。