Webエンジニアのキャリアパスを現役エンジニアが解説!

Webエンジニアのキャリアパスを現役エンジニアが解説!
スポンサードリンク
Advertisement

 

どーも、現役エンジニアのえーちゃん(@e_jtest)です。

 

今回は、Webエンジニアのキャリアパスについて解説したいと思います。

 

エンジニアになろうと思っているけど、一生コード書いてなきゃいけないのかな?

 

プログラミングの他にどんな仕事があるのか?

 

この記事ではそういった疑問を解決するためにWebエンジニアのキャリアパスについて書いています。

 

参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

 

Webエンジニアのキャリアパスを現役エンジニアが解説!

 

 

まずは私のお話をすると、私は現在Webエンジニアの仕事をしています。

 

Webエンジニアの仕事はどんなものがあるかというと、1番イメージしやすいのはプログラミングという仕事でしょうか。

 

他にも以下のような仕事があります。

 

・要件定義

・設計

・マネージメント

 

細かくいうと他にもあるのですが、大きくいうとこんな感じです。

 

それぞれどういった仕事なのか簡単に説明します。

 

要件定義とは

 

要件定義というのは、読んで字のごとく、要件を決めることです。

 

お客さんの要望を聞いて、システムを作成するのに必要なものを決めていくといった感じ。

 

例をあげると、大きいものではサーバーのOSやサーバー構成、DBは何を使うのかなどを決めていきます。細かい部分でいうとフレームワークは何を使うのか、このページはどういう管理をしたいのかなどを決めます。

 

お客さんの要望と実際にシステムに落とした時に認識が違うとトラブルになるのでこの段階で決めるということです。

 

1番大事な部分でもありますね。ここで失敗すると作った後に「お客さんが想定していたものと違う」ということになり、最悪作り直しです。

 

なので要件定義は経験を積んだエンジニアが担当することが多いでしょう。

 

 

設計

 

設計はシステムの機能を設計書に落とすのが仕事ですね。

 

プログラミングがある程度できるようになると設計をやってみるという流れになると思います。

 

プログラミングの次のステップといった感じ。

 

プログラミングというのは基本的に設計書に基づいてコードを書いていくことがほとんどですから、設計というのは大事になってきます。

 

設計の段階でミスがあるとプログラミングも当然ミスります(笑)

 

まあプログラマーが気づけば良いですが、気づけないとそのままになってしまうので、設計も少しレベルの高い仕事かなと思います。

 

プログラミングをするよりも幅広い視点が求められるのでそのぶん難しいところがあります。

 

一般的に設計までできる人のことをエンジニアと呼ぶかなと思いますね。

 

 

マネージメント

 

これは会社によったりプロジェクトにもよると思いますが、Webエンジニアがプロジェクトマネージャーとしてチームのマネージメントをすることがあります。

 

簡単にいうとシステム開発の進行管理ですね。

 

どの段階まで進んでいて、リリース予定日までのスケジュールに遅れはないかとかを管理するのが仕事です。

 

また、お客さんやディレクター、フロントエンド開発との連携を取るのも仕事ですね。

 

プログラミング技術はもちろんですが、調整役としてのスキルも必要になってくる仕事だと思います。

 

スポンサードリンク
Advertisement

Webエンジニアのキャリアパスについて

 

 

じゃあどういった具合に進んでいくかというと以下のようなイメージですね。

 

プログラマー → 設計者(エンジニア) → ディレクター or プロジェクトマネージャー

 

といった感じです。

 

プログラマーは2〜3年、エンジニアとして3年、そしてディレクターかプロジェクトマネージャーになるという方が多いかなと思います。

 

年数は会社にもよるので一概には言えないですが、キャリアパスとしてはこんな感じですね。

 

ディレクターとプロジェクトマネージャーの違い

 

ディレクターとプロジェクトマネージャーって何が違うのかということについて説明します。

 

ディレクターは全体の管理を行うのが仕事です。

 

1つのサイトを作るとなると、デザイナー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアという3つをまとめる人間が必要です。

 

これをまとめるのがディレクターの仕事です。

 

また、お客さんとのやり取りを行うのもディレクターの仕事になります。

 

まとめると、案件全体のスケジューリングを行いタスクの挙げ出しを行ったり、社内の作業者達を導くのが仕事です。

 

こういう仕事はシステム開発までを行った経験があるエンジニアの方がベターです。

 

システム経験のないディレクターだとエンジニアからすると話が通じなくて困るからですね(笑)

 

コミュニケーションコストが上がるので、基礎知識くらいは身についている方がディレクターをやるのが良いでしょう。まあ人手不足とか色んな問題はあるので一概には言えませんが。

 

プロジェクトマネージャーというのは、システム開発の管理を行う人ですね。

 

自社でサービスを開発している場合は、お客さんとのやり取り等は発生せず、サービスの開発を行うのが目的になるのでディレクターというよりはプロジェクトマネージャーを立てる場合が多いでしょう。

 

仕事内容としてはディレクターとあまり変わらないですね。

 

ディレクターやプロジェクトマネージャーの場合は総合的知識が求められるのでWebサイトへの理解というのが大事になってきます。

 

作るだけでなく、SEOなどのマーケティング的知識も必要ということですね。

 

個人単位で取れる案件のレベルであれば少し勉強すればできるようになりますが、制作会社でマーケティングを行う場合はそれなりにノウハウが必要なのですぐできるというレベルではないですし、扱っている企業の規模も違うので、それなりに勉強が必要です。

 

スポンサードリンク
Advertisement

まとめ

 

今回はWebエンジニアのキャリアパスについてお話ししました。

 

ずっとコードを書き続けたいという人はエンジニアをやっていくことも可能ですし、マネージメントの仕事に興味がある人はディレクターやプロジェクトマネージャーを目指すのが良いでしょう。

 

基本的にディレクターやプロジェクトマネージャーの方が給料が高いので収入を上げたいのであればそちらを目指すのが無難かなと思います。

 

スキル的にも幅広い分野を学べるので面白いと思います。

 

もちろんWebエンジニアとして出来ることを増やしていけば稼げるようにはなるので人それぞれかなという感じですね。

 

自分次第なのでその辺は自分で考えて決めましょう!

 

 

以上、Webエンジニアのキャリアパスを現役エンジニアが解説!

 

オススメ記事:おすすめのプログラミングスクールをまとめてご紹介します!