裁量労働制の会社には気をつけた方が良い理由

裁量労働制の会社には気をつけた方が良い理由
スポンサードリンク
Advertisement

 

こんにちは。

 

今回は、裁量労働制の会社には気をつけた方が良い理由をご紹介します。

 

裁量労働制ってそもそもなに?

 

どんなメリットがあるの?

 

そういった疑問にお答えできる内容になっているかと思います。

 

 

 

 

 

 

裁量労働制とは

 

まずは簡単に説明します。

 

裁量労働制とは、一定の勤務時間を働くことを義務付けるのではなく、労働者の裁量で労働時間に関係なく働ける制度になります。

 

つまり、労働時間が決まっているわけではないということです。

 

多くの会社が1日8時間労働かと思いますが、裁量労働制の場合は、労働者自身の裁量で労働時間を決めることができます。

 

自分の仕事が早く終われば帰宅しても問題ないのです。

 

また、出社時間も自分の仕事が終わるのであれば毎朝9時に出社しなくても良いのです。

 

このように、裁量労働制では労働者の実力によって労働時間が決まってきます。

 

 

 

 

スポンサードリンク
Advertisement

 

裁量労働制のメリット

 

裁量労働制のメリットをご紹介します。

 

労働時間に縛られない働き方ができるということです。

 

1番のメリットはこれです。

 

実力さえあれば早く帰ることも可能ですし、遅く出社することも可能なのです。

 

また、家事などやるべきことがあり、勤務時間が確保できない人にとっても、時短勤務扱いにならず、通常通りに給料を頂くことができます。

 

これにより、ワークライフバランスを保つことができると考えられるわけです。

 

さらに、裁量労働制では、労働者の実績や結果で評価するシステムの為、

 

働いた時間 = 賃金

 

ではなく、

 

実績・結果 = 賃金

 

となります。

 

その為、無駄に残業して残業代を貰おうと思ってもできないのです。

 

労働者の実力に応じて給料が決まるので、不平・不満が出にくくなります。

 

 

では、実態はどうでしょうか。

 

すでに、裁量労働制を導入している企業というのは意外と多くあります。

 

私もそうですが、エンジニアなどの職種では導入している企業も多いのではないでしょうか。

 

 

 

日本における裁量労働制の実態

 

では、実際に導入している企業では裁量労働制の効果は発揮されているのでしょうか。

 

残念ながら、すべての企業で裁量労働制が正しく導入されているわけではないです。

 

もちろん、裁量労働制を正しく導入している企業というのは多くあります。

 

しかし、会社に都合の良いように裁量労働制を導入している企業もあるのです。

 

その問題をご紹介します。

 

 

 

残業代の未払い問題

 

裁量労働制では1日の労働時間を一定に定めます。

 

1日8時間と定められていた場合に、8時間を超えて仕事をしていた場合は、8時間を超えた場合には残業代が支払われるはずなのです。

 

裁量労働制を導入している企業で、裁量労働制だから残業代は無い、というのは間違いです。

 

裁量労働制でも8時間を越えれば残業代が割増で支給されるはずですが、払わない企業というのも存在しています。

 

 

 

 

遅刻・早退が存在する

 

裁量労働制には遅刻や早退という概念はないです。

 

会社のルールで毎朝9時から朝礼があり、参加必須などというのは裁量労働制とは言えません。

 

9時に会社に来ることを強制されている時点で問題です。

 

会社側で出社時間や退社時間を記録しているだけであれば良いでしょうが、9時の朝礼に間に合わなかったら遅刻扱いされ、評価が下がるなどということは裁量労働制においてはありえないです。

 

そもそも前提として、労働者に裁量が与えられている為、このようなことは間違っています。

 

 

実際には裁量がない

 

例えば、1年目や2年目など、若い年次のうちから裁量労働制を導入している企業は気をつけた方が良いです。

 

基本的に、若い年次の人間に仕事の裁量は与えられていないことが多いです。

 

最初は先輩から雑用のような仕事や単純作業を依頼され、こなしていくことで仕事に慣れていくものです。

 

そのような段階であるのに、裁量労働制で賃金が決まるのはおかしいです。

 

ある程度の年次になり、ある程度仕事をこなせるようになって初めて裁量が与えられるものです。

 

日本のように新卒一括採用の文化がある国で、若い年次での裁量労働制は悪でしかないでしょう。

 

また、日本では納期絶対主義のようなものがある為、他の人の案件であっても、その人がキャパオーバーで納期に間に合わなそうな場合などには手伝わされる可能性もあります。

 

これでは裁量労働制の原則に反しています。

 

 

 

 

まとめ

 

ここまで裁量労働制について述べてみましたが、裁量労働制というのは本来は良い制度だと思います。

 

時間ではなく実績・結果で評価していくシステムというのはこれからより大事になっていくものだと思っています。

 

しかし、裁量労働制を都合の良いように利用している企業が存在するのです。

 

そのために、裁量労働制に対する反発が起こります。

 

より働きやすくするためには、そういった企業を改善させていくことが必要なのではないかと思います。